社会福祉法人上田明照会

〒386-0011
長野県上田市中央北2-7-3
TEL:0268-27-6633
FAX:0268-23-5081

避難者新年会を開きました
2016/01/28
☆ 恒例の避難者新年会を明照会の交流サロン
  で開きました。 避難者12家族・27名(子ども
  は15名)が参加し賑やかに行なわれました ☆

 1月24日(日)、昼食会としておこなわれました。
 上田市大震災支援実行委員会の中村会長と
 事務局の大林さんにも参加していただきました。

 子ども達はタコつくりや絵をかいて遊びました。
 大人はお茶やコーヒーを、少人数で楽しみました。
 そして、トン汁を作ったり後片付けをしながら、いろ
 いろな話に花を咲かせました。

 震災から5年。
 こども達も成長したりと、いろいろな変化があり
 ましたが、こうして家族間の交流も続いています。

参加した避難者の声です。

” 久しぶりに会うと、やっぱりいいよね ”

” まるで実家に帰ってきたようです ”

” トン汁もおもちも、おいしい ”

” 明日からの仕事にもがんばれます ”

” 上田の支援スタッフの輪に支えられています ”

 これからも避難してきている人たちとの絆を大切
 にしていきたいと思います。



自分の問題と向かい合う
2016/01/26
〇 究極のテーマが、お金の使い方という40代男性が
  来室。 自分の本心をさらけだせるようになったこと
  が、この難問を解くカギなのかも・・・         〇

『 2月の年金支給日まで、生活費がなくなりました。
  母と二人で、ご飯と味噌の食事を始めました。

 歯科の治療費で8万円かかってしまいました。
 バイトの方も体調(落ち込んで)悪くて、4日欠勤! 』

「 お金の問題(浪費癖)は究極のテーマですよね。

 精神科医からも、お母さんの家事を手伝うこと、
 財布には千円以上入れないこと、
 と言われてますよね。 」

『 はい。でもこれは自分の責任なので、辛いです。 』

「 3年程前と比べたら、こんな状況の中でも落ち着い
 ていますね? 以前は混乱してましたよ。 」

『 以前と比べて、想ったことを素直に言うようになり
 ましたね。

 以前は隠しごとをしていて、本心を言わなかったと
 思います。

 このごろ、亡くなった長姉の夢をよく見ます。
 無条件に母と私を助けてくれました。
 多額のお金です!

 お墓参りに来いと、呼んでるるみたいです。 』

「 つながりを大切にするといいみたいですね。 」


〇 急に手足が動かなくなくなり、生活保護を受け
  始めた40代女性から電話あり。  私に何か
  あれば小6の息子を頼むと、妹に話しました 〇

「 あなたからSM(嬢)のことを知りたかったら、
壇蜜さん主演の映画 ”甘いムチ” を見て下さい
 と言われたので、見ましたよ。 早送りで。

 ゆっくり最後まで見ようという気にはならなくて。」

『 私もSM嬢をしたことがあります。
 こんな話をすると楽しいですよ。

 でもこのテーマでは、歌の歌詞はかけませんね。
 こうした問題には相談には乗れるかも・・・

 夢で、両親と殺し合う夢とか見ますよ・・・ 』

「 見た夢を日記に書いてみてはいかが? 」

年末、彼女を支えている音楽仲間のギター伴奏で
 プロ歌手のミニコンサート前座で、2曲 歌いました。
 30席の会場に彼女の透き通った声が響きました。

 曲目は自作の ”Darling  You" (の歌詞です)

♪ そこから始まる Love Story  二人の長い History
    Big Bang  から始まって 前の私や君が生まれて
  回って 出会って
  そしていつもたどりつくのは 君の胸の中がいいな

「 私を愛してほしい、と言ってるように聞こえます。 」

『 いいえ、私の宇宙観を歌っています。 』

そして、1月中旬にメールが届きました。

『 息子は元気です。
 友達が来るととても生意気なガキになります。
 二人でいるときは、優しいところもあります。

 体調はよくありません。
 肝機能が悪くなり、立っている時は足首から先が
 自分の足ではない感じです・・・

 よく妹が手伝いに来てくれます

 夢見日記でも書いてみようかな。

 夢を見ながら洞察している感じなのです。 』













ジャッジメントを下したと気づく!
2016/01/22
〇 どんどんと一人で悪い想像を膨らませがちな
  60代・一人暮らし女性。 なんて言われるか
  わかっていますがと前置きして、電話あり  〇

『 今年もよろしくお願いします。
 年明け早々に母に会いに施設に行きました。

 事前に親族から連絡があり、母には出血があり
 このままでは衰弱する一方になると。
 そこでいつものように?、私一人で騒いでしまっ
 たようです。

 そして担当医に確認に行ってきたら、大したこと
 はないとのことで、一安心しました。

 本日、”私 ブレたのかな? 母のことを中心に
 考えればよかったんだ” と反省しました。

 以上、報告です。 (笑う。 はい!) 』

 そして、2週間後の電話です。

 『 2週間ぶりに、手作りの甘酒を持って母の所
 へ行ってきました。

 このところ何を食べてもエネルギーにならなかっ
 たみたいでしたが、甘酒を飲んだら食いついた
 みたいに元気になりました。 よかった。

 一人で大騒ぎをした話をしたら、周りにいた施設
 の男性職員が、

 ” あなたを見ていると弱い人には見えない ” 

 ” いいえ、私はデリケートでか弱いのです ”

 ” 怖い・・・怖い・・・ ”

 といったので、
 母を含め周りにいた人達が大笑いになりました。

 今年は何かを始めたいと思います。 』


〇 月2回、定期的に相談室に来る50代女性。
  攻撃しない人、だから攻撃されやすい人?
  人間関係で不安定になると・・・      〇

『 年末の忘年会は、みんなで手料理を作って、
 賑やかにたべました。

 私だって、昔は調理をしたことがあります・・・。
 このごろアイロンを買い、教えてもらって使って
 います。

 人間関係がうまくいかなくなり始めると、カップ
 ヌードルとかつ弁当を食べたくなります。

 さらに不安になると、覚せい剤がほしくなります。
 じっくりと内部から湧き上がってくる感じではなく
 て、フラッ となる感じ。

 でも飲んでませんよ!(笑) 』

「 できることが少しずつ増えてきたんですね。
 少しずつ、大人になってきた・・・。

 あなたの素晴らしさは人を攻撃しないこと!
 その分、攻撃されやすい・・・。

 攻撃する人の側の問題だと思う。
 あなたのせいではないと思う。
 人助けをしてるってことかな? 」

『 そうなの?

 このごろ、不安を自分のなかに溜め込まない
 ようになった。
 身近な人に、支援員さんに話すようになった。

 明日は新年会です。
 みんなでカラオケに行きます。 』









 


平成27年12月分の活動日記はこちらです。
 


平成28年2月分の活動日記はこちらです。