社会福祉法人上田明照会

〒386-0011
長野県上田市中央北2-7-3
TEL:0268-27-6633
FAX:0268-23-5081

心療内科医との、キーパーソンとの出会い
2015/02/28
〇 19歳でIBS(過敏性症候群)を発症し、出会った
   心療内科医との思い出話が、30代・女性から届
   きました。 言葉が泉のように湧き出てきます 〇

 「IBSという病気は、当時はあまり認知されていなくて、
 いろいろな病院を歩いて、半年後に分かりました。
 体重がみるみる10Kg 減りました。 身体が自分の体
 ではない感じで、もう長くは生きられないな、そんな
 状況でした。 
 病変はないのに、下痢と便秘をくり返します。
 そして、ある心療内科医を見つけ出しました。
 カウンセリングと精神薬と整腸剤で、みるみる回復して
 いきました。 診断名は心身症でした。
 抗うつ剤なども、処方調整のおかげで、うまく抜けられ
 ました。 いい出会いでした。
 今ではすっかり良くなりましたが、体質もあると思うので
 気を付けています。
  このごろ、整骨院の先生には、姿勢の癖や日常生活の
 アドバイスもいただけるので、うれしいです。
 また、いろいろな面で落ち着いてきたせいか、この歳に
 なって、親のありがたみの重みが増してきています。
 自分の中から、どんどん言葉が湧き出てくるこの頃です。」





〇 キーパーソン役のおばさんが入院したことで、どう
  自分をコントロールするかという課題に直面した、
  40代・男性が3週間ぶりに来室しました。    〇

「ここに来るのを忘れていました。 1か月前に入院した
 おばの介助が忙しくて! 本日、ふと思い出しました。
  2週間ほど前、スーパーのバイトがうまくいかなくて、
 ”ドカン”(うつ) と落ちました。 次の目標は、バイトから
 常勤のパートになることです。
 バイトが9か月も続いたのは、キーパーソン役のおばが
 いたからです。
 毎日のように話を聴いていただきました。
 数日前にかかりつけの精神科医に注意されました。
 ”おばさんの介助を頑張りすぎです! 自分の生活の
 リズムを整えることを優先してください!”
 その通りでなんです。思い当たることありです。
 血液検査の結果にも数字で出ていました。」

 ”ドカンと来たときは、顔だしてほしかったです。
 ドクターはうつの薬を少し減らしてくれたようですから、
 余計に自分の力を頼りにしないといけなかったですね。
 ドクターの指摘を、どう修正するのか? 
 次の段階へ進む課題が示されて、よかったですね?”

 「よくないです。(苦笑) 私はこういう調整は苦手です。
 また、ほかのいくつかの事で周りからいろいろ批判され、 
 うつっぽくなっています。 
 この1か月は、自分で自分のキーパーソン役をやって
 いたみたいです。(大笑い) また、来ます。」




”溺れそうな私”に伴走してくれる人とのつながり!
2015/02/27
〇 過呼吸が起きる要素が分かってきた20才・男性
   から、”人とのつながりについて” 電話あり 〇

 「学校でのことやバイトが決まらないことなどでストレス
 が溜まり、不安定になり、昨夜遅くにお世話になっている
 看護センターに長電話をしたみたいです。
 今朝起きて、携帯履歴を見てわかり、覚えてないのです。
 今日、謝ります。 ところで、私とあなたは、クライアントと
 相談支援者という関係ですよね?人にはそういってます。」

 ” エーッ、突然の質問ですね。 どうしたんですか?
 それだけではない、多面的な関係になって来たと思います。
 あなたの不安の泉が枯れてきて、同じ苦しみを持つ人の
 話を聴(訊)けるようになってきましたよね。
 学校の先生とも対等な関係を築けるようになってきました。
 自分のスタンスを持つようになってきて、こちらが質問する
 ことも増えてきました。生活体験レポートも楽しみだし・・・”

 「人間関係の練習をさせていただいているし、友人という
 感じもあるし、電話でつながっているなと実感しているし、
 許容範囲を超えたらSOSも出せるし、命綱?と感じる時も
 あるし(大笑い)、この2年間で大人になってきたのかも・・・。
  学校ではクラス崩壊の騒ぎがエスカレートし、救急車が
 来る事態になり、波紋が広がっています。
 自分でも、どうしたらいいのか、考えます。」





本当に困っていても、助けてくれる人は必ずいます!
  と皆さんに伝えたい。 一人暮らしの50代・女性から
  メールが届きました。                   〇

 「1月下旬から、空気が春になりました。そして、めっきり
 春めいてきました。 季節の変わり目は、何か具合が悪い
 です。 もうしばらくしたら、少し働けるようになりたい・・・。
  一昨日、3週間ぶりに介護施設にいる母のところへ行って
 きました。面会は30分と決めてあります。
 ”母は私たちと繋がっていたいんだな” と感じます。
 喜んでもらって、幸せです。
  昨日、自分をコントロールできなくなって、電話してしまい
 ました。話を聞いていただいて、ありがとうございました。
 下向きにならないように、身体を動かしたり、音楽を聴い
 たりしています。 悪い状態(ドツボ)にはまらないように、
 溺れてしまわないようになる技をもっと身に着けていきたい
 と思います。
 助けてくれる人はいます! 一人で解決しようとしなくても
 いいよ!と、皆さんに伝えたい。」




 


平成27年1月分の活動日記はこちらです。
 


平成27年3月分の活動日記はこちらです。